2010年02月17日

64 ビット版 AviSynth 2.5.8 非公式ビルド

http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1374605#post1374605

説明

  • SEt 氏による AviSynth 2.5.8 のマルチスレッド対応ビルドを Intel C++ Compiler (icc) 11 を使って 64 ビット版としてコンパイルしたもの。
  • マルチスレッド対応版をベースにしているため、SetMTMode() も、MT() も使える(MT() の利用には、同じ場所で配布されている MT.dll が必要)。
  • JoshyD 氏による非公式ビルド。
  • DirectShowSource プラグイン、DeviL ライブラリ等も同梱。
  • 動作確認されているもの:
    • VirtualDub64
    • 同梱されている DirectShowSource プラグイン。
    • 内蔵フィルタ。
  • なお、64 ビット版の AviSynth としては、すでに squid_80 氏によるバージョンがあります。下記の「関連リンク」を参照。ただし、ベースとなっている AviSynth のバージョンが少し古いです。

注意

  • これは、AviSynth rev.2 プロジェクトによる正式なリリースではありません。
  • レジストリの書き換えを伴なうため、使用に際しては注意が必要です。もし試したい場合は、あらかじめバックアップを取ってから試した方がいいでしょう。もしくは、正式に 64 ビット版がリリースされるのを待った方が無難かもしれません。
  • あらかじめ AviSynth 2.5.8 をインストールしてから、オリジナル版の dll を配布されている dll ファイルに置き換えて使用します(詳細は、下記の「インストール手順」を参照)。

インストール手順

2010-04-02 0:13 追記: 以下の説明は、少し古くなっています。最新のインストール手順は、InstallationInstructions - avisynth64 - Project explanation and installation instructions. - Project Hosting on Google Code を参照してください。
  1. 64 ビット版 Windows を起動。
    • Vista 互換の Win7 SDK でコンパイルしているので、Vista でも 7 でも動作する。
    • XP の 64 ビット版については不明。
  2. 通常版の AviSynth 2.5.8 をインストール。
    • システムパスやレジストリの設定を行う。
  3. 64 ビット版の avisynth.dll を C:\Windows\System32 にコピー。
    • C:\Windows\SysWOW64\avisynth.dll は、削除したり移動したりする必要はない。
    • 念のため、オリジナル版をバックアップした方がいいと思います(筆者註)。
  4. 同梱されている 64 ビット版の DevIL.dll を C:\Windows\System32 にコピー。
    • これも、オリジナル版をバックアップしてからの方がいいと思います(筆者註)。
  5. 念のため、同梱されている reg ファイルを使ってレジストリキーを追加。
  6. この dll はプラグインディレクトリをスキャンするが、32 ビット版のプラグインとの互換性はない。
    • プラグインディレクトリをリネームするか、32 ビット版のプラグインを外に出してから試す。
    • 同梱されている DirectShowSource.dll もプラグインディレクトリに移動するか、LoadPlugin 関数で明示的に読み込む。
  7. 64 ビットプログラムおよび 64 ビットコーデックとのみ動作する。
  8. 内蔵フィルタはすべて機能する。
  9. 既存の AviSynth フィルタの 64 ビット版を書き、修正し、コンパイルする場合、コンパイラによって制限される。
    • Intel C++ Compiler: インラインアセンブラを理解し、アセンブラのブロックに当たったときは「Intel's Syntax」(VS2005 が解釈する)を使用する。
    • GNU C++ compiler: インラインアセンブラを理解するが、AT&T シンタックス(このやり方での移植を少し厄介にする)を使用する。
  10. 64 ビット版 AviSynth プラグインは、http://members.optusnet.com.au/squid_80/ から入手可能。
  11. フィードバック、問題、質問などを報告してくださいとのこと。
    • バグがあれば、サンプルのクリップとスクリプトも。

関連リンク

2010-02-18 0:19 追記

いくつかの外部ライブラリが不足していて利用できないとの報告があったため、更新されました。ソースと MT.dll もアップされています。

また、インストール手順などの説明が追加されていましたので、記事の内容も変更しました。

EEDI2 の 64 ビット版が、http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1374836#post1374836 にアップされています。squid_80 氏のバージョンとの違いは、OpenMP ライブラリが静的にリンクされていることのようです。

2010-02-24 23:11 追記

http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1376767#post1376767 に新しいバージョンがアップされました。

2010-02-28 1:01 追記(同 23:30 修正)

2010-02-27 付けで更新されました。http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1374605#post1374605 から入手可能です。

以下、引用です:

http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1374605#post1374605 より引用

New on 2/27/2010
RGB color conversions functional again
TemporalSoften functionality restored

2010-03-04 0:19 追記

http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1379430#post1379430 に 64 ビット版 AviSynth のインストールを支援するバッチファイルがアップされました。turbojet 氏によるものです。

32 ビット版の AviSynth がインストール済みであるかをチェックし、プラグインディレクトリにファイルをコピー、そしてレジストリの登録を行う、とのことです。

レジストリの変更を伴うため、バックアップを取ってから実行するか、よくわからない場合は手動でインストールした方が無難かもしれません。

タグ:x64
posted by niiyan at 00:18 | Comment(0) | AviSynth | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

PDF 版 AviSynth ヘルプ (2010-01-01)

http://www.wilbertdijkhof.com/AviSynth-Documentation_20100101.pdf

  • AviSynth のドキュメントを PDF 化したもの。
  • Wilbert 氏による。
  • Wilbert 氏によると、まだ完全なものではないとのことです。以下、引用です:

    http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1358732#post1358732 より引用

    Yes, i know it's not perfect yet (any external plugin descriptions are missing (which ones should be included?), tocs is a mess, some lines are too long, some pics are missing, structuring, etc ....

タグ:ヘルプ PDF
posted by niiyan at 01:04 | Comment(0) | AviSynth | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

AviSynth 2.6 SEt build Version 2009.09.19


Avisynth 2.6 - Doom9’s Forum



  • SEt 氏による AviSynth 2.6 のビルド。


注意


これは SEt 氏による独自ビルドであり、オフィシャルの AviSynth 2.6.0 Alpha とは一部実装されている機能などが異なります。例えば、SEt 版ではすでにマルチスレッド機能が実装されていますが、オフィシャル版では未実装*1です(AviSynth 2.6 におけるマルチスレッドの実装については、MT in AviSynth 2.6 - Doom9’s Forum で議論されています)。


変更点


Avisynth 2.6 - Page 2 - Doom9’s Forum によると、スレッディングに関する問題が修正されたとのことです。リンク先の投稿には、パッチも貼られています。



There actually was one more threading fix i haven't bothered to post due to expected rewrite of cache/MTMode in 2.6 that should solve the problem with hanging.


http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1331723#post1331723

関連リンク





posted by niiyan at 23:57 | Comment(0) | AviSynth | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

AviSynth 2.6.0 Alpha2 (AviSynth 2.6 アルファ版)



AviSynth 2.6.0 Alpha2 [September 27th] - Doom9's Forum



  • AviSynth 2.6.0 のアルファ版です。

  • Alpha2 でも、リリースのおもな目的は、バージョン 2.5.8 との互換性を確認することであり、2.5.8 の機能のみを使用しているスクリプトに関しては、同じ結果になるはずであるとのことです。

  • このバージョンは、実験的な 2_6 CVS ツリーにおける最新の機能のほとんどを含んでいます。

  • 既存のほとんどの(内蔵)フィルタで Y8、YV24、YV16 および YV411 をサポートしています。


変更点


開発者の 1 人 IanB 氏は、2.6.0 Alpha2 でのおもな変更点として、次の 4 つの項目をあげています(AviSynth 2.6.0 Alpha2 [September 27th] - Page 2 - Doom9's Forum より)。



  • Softwire のアップデート

  • すべてのプラットフォームの垂直リサイザにおける大幅な速度の向上

  • ConditionalReader/WriteFile のリファクタリング

  • ほぼすべての実験的なブランチコードの見直しとインポート


以下、引用です:



* New Softwire.


* Massive speed up in Vertical resizer on all platforms.


* ConditionalReader/WriteFile full refactor.


* Nearly all experimental branch code reviewed and imported. (One more push should do it)


http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1329356#post1329356

その他すべての変更点については、AviSynth 2.6.0 Alpha2 [September 27th] - Doom9's Forum および Changelist 25-26 - Avisynth を参照してください(後者は、現時点では文書化されていません)を参照してください。


以下、引用です:



Additions



  • Added support for argument passing and EAX return value to SoftwireHelper.

  • Added "Global OPT_VDubPlanarHack=True" to flip YV24 and YV16 chroma planes for old VDub's.

  • Added ContinuedDenominator/ContinuedNumerator(f[]i[limit]i) script functions. [undocumented]

  • Tweak: fix MaskPointResizing + put back Dividee ISSE code (use sse=true, can't use all settings in that case). [undocumented]

  • Added ChromaPlacement and ChromaResample options to planar colour conversions.

  • Added MaskHS.

  • Minor tweaks to get ready for VC8.

  • Add Y8 for DevIL, planarize EBMP.

  • Planar support for many filters.

  • Added Info() time indicator on audio length and video (current frame & total). (2.5.8)

  • Added UtoY8 and VtoY8.

  • Added more info to Info(). (2.5.8)

  • ColorYUV: Added all adjustment parameters as conditional variables "coloryuv_SETTING". Enable by setting conditional=true. [undocumented]

  • ConditionalReader: Added support for type String. [undocumented]

  • ConditionalReader: Added offset keyword to offset all frame numbers after the keyword. [undocumented]

  • Added SincResize() with optional taps parameter (default is 4).

  • Added Custom band setting to SuperEQ to allow all 16 bands to be set from script. Usage: SuperEQ(clip,band1, band2, band3....) values are dB in float.

  • Added fast 0-1-0 kernel for YV24 to ConvertBacktoYUY2().

  • Added formats: YV24, YV16, Y8, YV411.


Bugfixes



  • Fixed MonoToStereo with stereo sources.

  • Fixed MergeChannels with only 1 input clip.

  • Fixed support for negative height DIB format AVI's. (Oops still not quite right yet)

  • Fixed Audio cache crashes.

  • Fixed resize with YV411 missing code.

  • Fixed ConditionalReader rounding with integer Interpolation.

  • Fixed Softwire SSE2 bugs.

  • Fixed SSSE3 CPU detection.

  • Fixed SSSE3, SSE4.1 & SSE4.2 detection.

  • Fixed Fastwire encoding of instructions that are >2 opcodes (SSSE3+4).

  • Fixed _RPT5() macro for debug builds


Optimizations



  • WriteFile() now supports 32 unlimited strings. (was 16 by 254 byte strings).

  • SuperEQ: Improve channel unpacking/packing code.

  • H-Resize: Use SSE4.1 (movntdqa) loads for use once memory access.

  • H-Resize: Added SSE2 horizontal unpacker.

  • Resize: Use SSE3 (lddqu) loads for unaligned memory access.

  • Added ultra fast vertical PointResizer (64 pixel/cycle).

  • Added dynamic SSSE3 vertical resizer (16 pixel/cycle) ~ twice as fast as old MMX.

  • Added dynamic SSE2 vertical resizer (16 pixel/cycle).

  • Added dynamic MMX vertical resizer (8 pixel/cycle).

  • Added SSSE3 version for RGB<->YV24 conversions.

  • Added dynamic compiled MMX/iSSE for RGB<->YV24 conversions. Speed is approx 200% of C-code.


Changes



  • ConditionalReader/WriteFile: Full refactor.

  • SoftwireHelper: explicit hardware exception handling.

  • Resize: Moved GetResampleFunction into Resamplefuntion, to allow overrides.

  • Resampler: Removed dead stlf code.

  • Updated Soundtouch to 1.31 (2.5.8)

  • Put dynamic matrix conversion into separate file.

  • Moved chroma subsampling to image_type section.

  • Added specific error reporting when requesting chromasubsampling with Y8.

  • Split up merge and plane Swappers.

  • Split up Plane transfers into separate classes.

  • Added automatic destination colorspace detection on planar YtoUV.

  • Took out greyscale and RGB32<->RGB24 from convert.cpp and placed them in separate files.

  • All code assuming UVwidth = Ywidth/2 and similar should be gone.



なお、Alpha1、Alpha2 とも、まだマルチスレッディングは実装されていないとのことです。AviSynth 2.6 におけるマルチスレッディングの実装に関しては、MT in AviSynth 2.6 - Doom9’s Forum で議論されています。


関連リンク



2009-09-28 23:08 追記


AviSynth 2.6.0 Alpha2 [September 27th] - Page 2 - Doom9's Forum で IanB 氏から今回のアップデートに関する説明がありましたので、上記の記事のうち変更点に関する部分の説明を修正しました。


posted by niiyan at 23:28 | Comment(0) | AviSynth | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

AviSynth 2.6.0 Alpha1 (AviSynth 2.6 アルファ版)



AviSynth 2.6.0 Alpha1 [August 20th] - Doom9's Forum



  • AviSynth 2.6.0 初の公式リリースです。ただし、まだアルファ版です。

  • このリリースのおもな目的は、バージョン 2.5.8 との互換性を確認することであり、2.5.8 の機能のみを使用しているスクリプトに関しては、同じ結果になるはずであるとのことです。

  • このバージョンは、実験的な 2_6 CVS ツリーにおける最新の機能のすべては含んでいません。

  • 既存のほとんどの(内蔵)フィルタで Y8、YV24、YV16 をサポートしています。

  • その他の機能は、引き続きインポートされます。

  • インストーラは、ヘルプを含んでいません。ヘルプが必要な場合は、2.5.8 をインストールしてから、このバージョンを上書きインストールすることになります。

  • 次回のリリースには、sh0dan 氏による最新の FastWire のアップデートと SSE3+ コード拡張が含まれる予定です。


関連リンク



2009-08-26 追記


Wilbert 氏が AviSynth 2.6.0 Alpha1 [August 20th] - Doom9's Forum に変更リストを掲載しました。ただし、どれがアルファ版に含まれているかわからず、また 2.5.8 で修正済みのものもあるかもしれない、とのことです。


Changelist 25-26 - Avisynth にも、AviSynth 2.5 から 2.6 までの変更点が掲載されています。


posted by niiyan at 23:26 | Comment(0) | AviSynth | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。