2010年07月13日

DGDecNV (DG NV tools) build 2020 (CUDA 版ビデオデコーダ&フレームサーバー)

DGDecNV GPU-Enabled AVC/H.264 Decoder and Frame Server

  • Donald Graft (neuron2)氏作の 3 つの CUDA 対応版デコーダ&フレームサーバー(DGAVCDecNV、DGVC1DecNV、DGMPGDecNV)を 1 つのパッケージとして統合したもの。
  • インデックス作成ツールの DGIndexNV.exe と、デコードプラグイン DGDecodeNV.dll および DGMultiDecodeNV.dll を含む(DGMultiDecodeNV.dll は、マルチインスタンス対応版)。
  • DGDecodeNV.dll にはデコードフィルタの DGSource() が収録されている(DGMultiDecodeNV.dll の場合は DGMultiSource)。第 1 引数にインデックスファイル(*.dga、*.dgm または *.dgv)を指定する。
  • CUDA ビデオデコーディングをサポートする NVIDIA 社製のグラフィックカードで動作する。
  • neuron2 氏作。
  • 寄付ウェア。
    • Donald Graft 氏の NV ツールを利用するための共通のライセンスをあらかじめ取得する必要がある(複数寄付する必要はない)。

変更点

DGMultiSource() の改訂(floating CUVID contexts の使用)に伴い、CUVID サーバーと DGSource() が廃止されました。

以下、引用です:

http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1416734#post1416734

  • Revised DGMultiSource() to use floating CUVID contexts so that it no longer leaks GPU memory.
    This should enable use in all GUIs without the dreaded decoder creation failure or crashes.

  • Due to the fix above, CUVID Server and DGSource() are no longer necessary
    and are therefore retired and omitted from the distribution.

  • Added an error popup for VC1 streams that erroneously contain sequence headers
    not followed by an I frame (as required by spec). If you run into this please let me
    know.

  • Fixed a regression in pulldown detection for VC1.

  • For AVC, POCs are now stored in the DGI file as they appear in the stream, i.e., they
    are not divided by two.

  • Fixed a regression in expansion of the __aud__ and __del__ macros for script generation.

関連リンク



posted by niiyan at 00:01 | Comment(0) | ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。