2008年08月11日

Immaavs v1.34 (画像入出力プラグイン)



Immaavs v1.34



  • ImageMagick ベースの画像入出力プラグイン。

  • Wilbert 氏による。

    • オリジナル版は E-Male 氏。



  • 注意: 2008-08-10 23:57 現在、リンク先の zip ファイルが v1.33 のままになっています。v133.zip を v134.zip に直すと、v1.34 をダウンロードすることができます。

    • 2008-08-11 23:21 追記: リンク先のファイルのバージョンが v1.34 に変更されているのを確認しました。




変更点


immaavs.htm より引用:



v1.34, 27th July 2008 gtk+ shit = http://www.gtk.org/download-windows.html



  • ImmaRead: added size argument to force the size for the image which is being read (useful for svg images);(ImmaRead: 読み込まれている画像のサイズを強制するための size パラメータを追加(SVG 画像に対して役立つ))

  • ImmaRead: added svg support (using the ImageMagick renderer);(ImmaRead: SVG サポートを追加(ImageMagick レンダラ使用))

  • ImmaWrite: added raw YCbCr/YUV4MPEG (y4m) support (with planar=false/true; greyscale/animation also supported);(ImmaWrite: raw YCbCr/YUV4MPEG (y4m) サポートを追加(planar=false/true を使用。グレースケール/アニメーションもサポート))

  • ImmaWrite: added info parameter;(ImmaWrite: info パラメータを追加)

  • changed the solution to the path problem. The MAGICK_HOME variable needs to be used or specified and it should point to the ImageMagick dll's in your system folder.(パス問題への解決法を変更。MAGICK_HOME 変数の使用または指定が必要で、システムフォルダの ImageMagick の dll を指し示すべき)



MAGICK_HOME 変数について


以下の 2 つの方法のいずれかで ImageMagick 関連の dll をコピーしたフォルダ(Windows のシステムフォルダ)を指定する必要があるとのことです:



  • システムの環境変数の設定で、ユーザー環境変数として「MAGICK_HOME」を追加する。

  • magick パラメータを使って指定する:


AviSynth Wiki - immaavs の使用手順の欄にも説明を追加しましたので、そちらも参照してください。




posted by niiyan at 01:08 | Comment(0) | プラグイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。